TAKE-BOWのブログ

京都 路地裏系ギタリストtake-bowのブログ

HAN BENNINKの音。

[intro]

空気の中に春が少しやけどあるかな。

僅かやけど、あったかくなる兆しが、感じられるのは嬉しいね。

さすが、立春や。拍手したろ。

パチパチパチ。

[A]

まあ、3ステージ目やしな。

ソロ1時間やった後、1つ目のセッション。

その後での共演やったから。

ドラムセットを離れて、シンバルを机に置き、垂直に立てて、手を離す。

その傍らに僕はいた。

こちらは、やはり、机の上に置いたプリペアドされたYAMAHAエレアコ(APX、改造済)。

f:id:TAKE-BOW:20150129034128j:plain

(机に置いてたのはこれ)

抱えているのは、IBANEZストラト・キャスター(改造済)。

f:id:TAKE-BOW:20150110053059j:plain

(抱えてたのはコイツ)

シンバルでのパフォーマンスは面白いが、俺はそれと遊びに来たわけではない。

何しろ、血気盛んな、20代だったのだから、なおさらだ。(この辺りが、若い。でも、若いんだから、しゃーないやろ。そーでないと、あかんやろ。基本的に。)

プリペアドされた、ギターをVIOLIN BOWが軋ませる。

「ギィッ。」

HI-MIDのフリーケンシーは、JAZZ CHORUSの許容を軽々と超えてしまう。

ステージ上で、ハン・ベニンクと眼があった。

こちらの唇が無意識レベルで明らかに、喧嘩を売っていた。

ドラムセットに彼が、戻るまで、数秒の間に、プリペアドされたギターはバターナイフを、

振るわせる。

ドラム・セットに座ったときと、音が聞こえたときはほとんど同時だった。

「ヤバイ・・・。ある程度想定はしてたけど。」

ドラムセットに組まれた、スネア、ハイハット、ライドシンバルと、

バスドラムが驚くほどクリアに鳴らされ、一気に飛び込んでくる。

それも、かなりのスピード感と躍動感をもって。

PAを通していないのに、相当デカイ音。

突然、眼前にジェット・コースターが現れて、飛び込んできたら、こんな感じだろうか。

「ゴォッ。」

京都クラブメトロにて。

HAN BENNINKのsite


Han Bennink ::: HOME

 


Internet Metro Media:京都メトロ

[A]

PARISでのULTIMA BEZの圧倒的な舞台がテアトルデラビルで終わったあとのこと。

Théâtre de la Ville, Théâtre des Abbesses - Paris

僕は、かなり疲れてはてていた。

何しろ、TICKET代を、PARISのMETRO構内で、何とかして稼いだからだ。

ふらふらに、なっているところにその舞台にいたのが、

MARC RIBOTだったのだから、疲労を通りこして、もはや、

ランナーズ・ハイみたいになっていたのでは、ないだろうか。

ま、色々あってやね。

「ガット・ギターは替えがきかないから。」

そういった、MARC RIBOTの言葉の意味が解り、腑に落ちるまで、随分、時間がかかってしまうことになる。

要するにこういうことや。

良く調整された、ガット・ギターを現地調達することは、本当に難しい。

ストラトや、AMPはある程度の演奏技術と、音の扱い方に長けていれば、ある程度なんとかなる。

ということだったのではないか。

今、ガットを弾き始めてようやく、理解した。(遅い!)

確かにこれ、ガットギターで、自分のPLAYスタイルにあったものを現地調達すんのって、ホンマに大変やろなと。

そんなことで、精密ヤスリを片手に、ガットを抱きながら、弦のクリアランスの調整に勤しむ日々です。

MARC RIBOTのsite

marc ribot

[B]

f:id:TAKE-BOW:20150204024848j:plain

「踊りをギター1本で支える。」

そんな、伝統がフラメンコには、あるのかもしれない。

そんなことを思った。

「踊りを支える。」

これは、本当に難しい。

f:id:TAKE-BOW:20150204024819j:plain

むしろ、僕は「踊り」と対峙していたからだ。

今から、僕が興味があるのは「踊り」を支えるギターだ。

何年かかっても良いと思っている。

BACHのブーレを弾きながら。

リュート組曲第1番ホ短調BWV996。

ゆっくり、正しい音を確認しながら。

しずかに、指の動きを確かめて。

ていねいに、弾くこと。

とか、いいつつ。いやー、20代に音楽理論、必死でかじっといて良かったーとかさ。かなり助けになっています。

実は、まあまあ、詳しいんやで、音楽理論(笑)。

f:id:TAKE-BOW:20150205034228j:plain

[A]

えーと、ま、そんなわけで、今日のブログでした。

おやすみなさい。

f:id:TAKE-BOW:20150205041452j:plain

take-bow

http://take-bow.net

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする