TAKE-BOWのブログ

京都 路地裏系ギタリストtake-bowのブログ

イタリア

やっぱり、AABAは基準ってことで(別にJAZZギタリストになったわけではないで)

[intro]

あんまり、日常の些細なこと書く趣味持ち合わせてないけどね。

書き始めたらキリないし。

今日くらいは書いてみよか

まだ、ギリギリ、正月やしな。

そんなん、気になる人だけ読んでみたらみたら、えーのとちゃう。

[A]

ギター抱えて歩いてたら、英語で声をかけてくる初老の女性がいた。

(女性に年齢は無いけどね。まー、一応。)

チャーミングな彼女は何にでも興味を示す。

少し遠くから、もう一人、(もう少し若い)女性がやってきた。

英語圏の人ではないなと思った。

ヨーロッパのどこかかな、くらいで。

ガイドをすることになった。

僕は、その日の予定を全てキャンセルした。

歩きながら、数の数え方、曜日の言い方を教えてもらった。

「ウーノ。ドェーレ。トエーレ。クワトーロ。」

「ルネディ・・・。」

ドェーレの発音は、僕にはとても難しい。

イタリアの女性だった。

なんとなく、以前、吉田神社で、チェコから来たカップルに出会ったことをなんとなくだけど、

思い出した。

[A]

京都駅の最上階にいた。

初老の女性が階段を下りるときに、手すりを持っていないことに気付いた。

危ないと思って、つい、手をつなぎ、降りていった。

踊り場で、少しギターを弾いた。

AMPを持っていなかったので、とても微かな、ストラトの生音で。

彼女には、耳をすませて聞いてもらってた。

アリーベデルチ。」

そういって、別れた。

[B]

弦を新しく購入して、張り替え。

11から始まるやつに。

まー、新年ってことで。

以外に弾きやすい。

タッピングは、問題なし。

ピッキングもOK。

指で弾くと、倍音を感じやすくいい感じ。

紫色のXL、メーカーはダダリオ。

[A]

まあ、そんな日でしたってことで。

ま、そんなわけで、パスタ食べて今日は寝よっと。

f:id:TAKE-BOW:20150102142714j:plain

take-bow

http://take-bow.net

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする